【顕微鏡よりも高機能】microscopeの性能を大解剖

顕微鏡

目的と予算で選ぶ

顕微鏡

普段私たちが目にする機会は少ないですが、人々の生活を支える重要な役割を果たしているのが、microscopeです。microscopeは複数種類存在しますが、その機能や特徴は異なるため、目的に合わせて使い分ける必要があります。今後microscopeの購入を考えている企業は、目的に合わせて購入すると良いでしょう。一般的に広く知られているmicroscopeといてば光学顕微鏡とデジタル顕微鏡が有名です。光学顕微鏡は、その名の通り光学レンズを使用する顕微鏡のことで、対象物を100倍以上に拡大できます。一方、デジタル顕微鏡は、光学顕微鏡と同じく光学レンズを使用しますが、低倍率から5000倍までの高倍率で対象物を見ることができるという優れた機能を有します。接眼レンズで対象物をのぞき込む光学顕微鏡とは違い、モニター上に対象物を映し出して観察するといった使用方法が特徴的で、複数人で一緒に観察することができる最新式の顕微鏡です。カメラ機能がついているため、画像の保存や計測にも適しているため、現在、研究所やテクノロジー専門の業界では広く使用されています。この他にも、金属組織を見ることに特化した金属顕微鏡や、計測ができる測定顕微鏡、細胞やその破片を観察する生物顕微鏡など、それぞれの機能に特化した顕微鏡が存在します。当然、優れたmicroscopeほど機能が多彩で高性能ですが、金額も高くなります。それほど優れた機能は必要ないという場合には、ランクを落として安価なmicroscopeを購入するなど、目的と予算に合わせて最適なmicroscopeを選びましょう。