【顕微鏡よりも高機能】microscopeの性能を大解剖

女の人
マイクロスコープ

マイクロスコープの選び方

microscopeにはモニタダイレクト型とパソコン型の2種類があり、モニタダイレクト型は目視検査、パソコン型は画像保存などの様とに向いています。種類の他、観察部位サイズに適した倍率の製品を選ぶことで細かなものを明確に見ることができます。

顕微鏡

目的と予算で選ぶ

一般的な光学顕微鏡や最近主流のデジタル顕微鏡など、microscopeには様々な種類があります。金属顕微鏡や生物顕微鏡など一つの機能に特化したmicroscopeもあるので、目的や予算に合わせて最も自社に最適な一台を購入しましょう。

システム

顕微鏡の新しい活用方法

工場の検査工程や医療現場では接眼レンズのついた光学顕微鏡が使われてきましたが、現在はテクノロジーが進化しています。拡大画像をモニターで閲覧できるmicroscopeを使用する際には、倍率や機能に着目するといいでしょう。画像保存などで高度なソフトウェアを使用する場合はUSB接続タイプの製品が便利です。

顕微鏡とは違う

男の人と女の人

顕微鏡よりもハイテク機能

microscopeといえば、小中高で使用した顕微鏡を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。肉眼では見えないものを拡大して観察するという点では、microscopeも顕微鏡も違いがありませんが、しかしその性能は、比較になりません。学生時代に使用した顕微鏡の倍率は2倍〜30倍ほどになっており、ミジンコなどの微生物や植物の細胞などを観察できます。一方、microscopeレベルになると実に10倍〜数百倍の倍率になるため、電子部品や基盤制作など、さらに小さなものを観察できるようになります。また観察方法も違っています。顕微鏡の場合は肉眼で観察しますが、microscopeはモニターに映して観察します。このmicroscopeの最大の特徴は、ハイテクであるという点にあります。例えば対象物に深さがあっても自動的に焦点を合わせる合成機能があります。また、高倍率にすると視点がぼやけがちですが、ソフトウェアにより視野を広げる機能もあります。また、真上からだけでなく斜めからの観察に対応しています。他にもプラパートに移し替えることなく微生物や細胞を観察できる点や、付属ソフトウェアによっては計測機能がついている点など、ハイテク機能が満載されています。ここまで高性能なmicroscopeは、どんな分野で使われているのでしょうか。ナノ単位の技術開発が進んでいる電子部品開発やセラミック基板開発で活躍する他、生物バイオ関連、繊維関連や新素材開発のために採用されています。